小清水 香純感想

キャラ紹介(公式ページから引用)

幼い頃に面識があり、再び主人公と会うため編入してきたという美少女。
その目的は主人公に告白するためであり、再会したその日に想いを打ち明けられる。
主人公の望むことならその全てを受け入れると言い、こちらにだけ無条件の好意を向けてくれる。
しかし香純から手を出すことはなく、とにかくこちらに手を出させようと甘い言葉で誘惑してくる。
あまりにも真っ直ぐに気持ちを向けられるため、それが純粋な好意なのか、裏に何かあるのか常に選択を迫られる。
温厚な性格で人当たりはいいが、実家がお金持ちらしくどこか世間ずれしたところがある。

~ルート攻略~
小清水 香純

★RTC:時間切れ

【共通02】━━
■小清水 香純

【共通03】
■小清水 香純

【共通04】━━
■小清水 香純

★RTC:耳を貸す

【共通05】━━

もう一度だけ考える(『小清水』に連絡する)

☆『小清水』の事が気になる

☆告白に応える

中出し(外出し)

口内に出す(顔にかける)

中出し(外出し)

中出し(外出し)
~ルート評価~(★5つが満点)
★★★★★

~告白場所~

学校のベンチ

~告白の台詞~

俺を、あなたの恋人にしてくれませんか

~デート場所~

水族館

カフェ

~感想~

握手会でそーめん20袋買っていた香純。
手以外と握手したいと言い出した。
一体どこと握手するんだろ?

・ココアが飲みたくなって、食堂に向かったら
香純がいた。
お湯残っているから、何か飲みますか?と
ココアといったら、入れてくるから私の飲んだものでいいのであれば、ぞうぞっ
それに手を伸ばして飲んだら、香純が恥ずかしがった
間接キスとか言いたいんだろ?
いったら、わ、わかってて飲んだんですか!?と
キスとかハグはまだだけど、出来る事はやっていきたいと・・・
香純のこと意識してるっ

・香純に連絡したらベンチで待っていますと・・・
行ってみたら香純が一人でぽつんと椅子に座っていた
声かけてみたら
二宮さん待ちでした・・・と
お返事聞かせてくださいと
正直言うとみんなのことが知れば知るほどどんどんいいところが見えてきた
考えているうちに自然と香純と一緒にいたいと思うようになったんだ・・・
俺を、あなたの恋人にしてくれませんか?と・・・
やっと告白か~

・香純と付き合い始めたことを、少なくとも、栞織たちに話するかどうか話になって、
香純が、一つだけ問題があると・・・
なにかと思ったら、
肇の事考えたら、ニヤニヤが止まらないと。
まぁそれは付き合い始めたばかりだからしかたがないじゃない?

・香純がいいこと思いついたと。
いい事って何?と聞いてみたら
我慢せずに今のうちからニヤニヤしておけば
その反動でシャキッと引き締まるかもしれないと・・・
多分引き締まらない・・・

・お昼時間に栞たちを呼び出して、香純と付き合い始めたことを報告。
みんな、2人が幸せだからと、歓迎してくれた・・・
香純が、皆さん・・・。本当に・・・本当に、ありがとうございますふふっと、予想通りににやけてしまった
みんなでため息ついてしまった
なぜ?と肇
栞織が気づいていないだろうから教えてあげるね、肇もニヤいていると。
こりゃあバカップルになるな・・・

・夜、香純から連絡があった
何かと思ってラウンジに行ってみたら、
どうしても会いたくなってしまったから連絡してしまったとのこと・・・
めちゃくちゃ可愛すぎる・・・

・香純が眠れないから、寝付くまで一緒に居てほしいと・・・
そして、一緒に香純の部屋へ・・・
一度入ってみたかったけど、いきなり入ることになって・・・・
ちゃんと片付けしていなくてと言う香純に
いやいやお気遣いなく
とかしこまってしまった・・・
彼女の部屋入るのって緊張するよね・・・・

・香純が寝た後、自分の部屋に帰ろうとして、
立ち上がったら、洋服つまんだまたねていた。
可愛いけど部屋に帰れないよっ

・お昼休みに香純と一緒にご飯食べに行こうとしたら
クラスメイトから、香純がとってもきれいになったって褒められた・・・
まだ公表していないんだけどな・・・でもいやな気持ちにはならないからいいかっ・・・

・校内放送で香純と付き合っていることを報告した肇。
宣言直後に生徒会室に放送聞いた人が集まってきた・・・
女子が、まだ花守くんとならまだ耐えれるって・・・男と付き合うって無理だから・・・
バリケードしていた小吉も意味が無くなってしまった・・・
覚悟はしていたけど肇人気はすごいんだね・・・

・燻製を作ろうとしていた肇の所に、香純がやってきた
一緒にお風呂に入ろうと誘ってきた。
もしかしたらHな事も出来るかと思って
行こうと思ったら芳乃が
お風呂掃除した後に遊んでいいよとは言ったけど、それ以上はダメよって・・・
タイミングよすぎ

・風邪で熱だししまった肇
クラスのみんなも心配してた・
学校早退しようか考えていたら
香純が一緒につきそうと・・・
部屋に帰って、香純に授業に戻っていいよっていったら
えっ、何で?と・・・
だって、ここ男子の部屋だから女子と2人きりなんて・・・まずくない?
とにかく芳乃が黙っていない
さっき、事情が事情なので致し方ないと許可いただきました
手際よすぎでだけど、香純の看病僕も受けたいっ・・・

・香純がおかゆ作ってくれることになった・・・
心配だから見に行こうとしたら、
いいですか?くれぐれも、食堂は覗かないでくださいね?
と釘を刺されてしまった
それでも心配だからと、トイレに行くついでに水取りに来た作戦で行くことにした
香純が、鍋を探しているときに、どのなべ?土鍋? ぷっふぅ
そんなに面白いか!?と言ってしまってばれてしまった
ごめんなさい、座薬だけは勘弁してくださいと・・・
確かに座薬だけは勘弁・・・

・完成した後に香純にあーんしてもらった
僕も香純にあーんしてもらいたい・・

・ラウンジでテスト勉強をしていた
肇、香純、栞織。
眠くなったから解散しようてして、
ほらあそこにって横向いたらキスされた
羨ましい僕もやってほしい。

・片付けをしていたら、手紙を見つけてしまった。
宛先は、肇宛になっていた
とりあえず部屋に持っていって、悪いと思いながら、中身確認して差出人の名前見たら
小清水真澄って
だれだろう?

・ようやく手紙の話をしようと決意した肇
電話をかけたら、探し物しているからと焦っている様子。
手紙預かっているといったら、走って肇の部屋まで来た。
肇が小清水真澄ってだれって聞いたら、双子の姉だった。

下の画像からメーカーサイトに飛びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました