黒瀬 つばさ感想

キャラ紹介(公式ページから引用)

身長:154cm  体重:45kg  スリーサイズ:B90(G)/ W56/ H87
クラス:1年A組  所属:世界征服部

前世は魔王で、今は人の身体に封印されている ――と思いこんでいるらしい 1年生。
支配領土は徹底管理がモットーの地域密着型で、当面の目標は世界征服と平和統治。
“魔王” であることに強いこだわりを持ち、調子を合わせてくれる主人公に懐いている。

「魔王と言っても凡夫には信じてもらえまい」と考え、普段は良識ある言動をとるが、
一人のときや顔見知りに対して調子に乗ると、途端に魔王モードになってしまう。
ただしヘタレなので、相手に引かれたり激しいツッコミを食らうと「ご、ごめんなさい……」としおれてしまう。
「わが名は黒瀬つばさ! この世を一手に統べる魔王であるっ!」
CG:18種類
H回数:5回

~ルート攻略~
■つばさ:学園正門

■つばさ:廊下

■つばさ:学園正門

■つばさ:通学路

■つばさ:商店街
~ルート評価~(★5つが満点)
★★★★★

~告白場所~

学園の屋上

~告白の台詞~

おまえのことが好きだよ、黒瀬。

~デート場所~

商店街

映画館

衣料品店

~良かった所~

~ツッコミ集~

~惜しかった所~

~感想~

・あっちこっちで章のことをじっと見つめていたつばさ。
章が声をかけたらすぐ逃げてしまう。
逃げられるから訳わからずに、つばさを待ち伏せして、捕まえたけど逃げられてしまった。
章に追いかけられて、逃げた先は女子トイレ
卑怯だけど仕方がないよね?

・みこたちのおかげで自分の気持ちに気づいた章。
なかなか話聞いてくれないつばさを呼び出すために、挑戦状を靴箱の中(多分)にいれておいた
そしたらなんとか来てくれた・・・
いろいろ言い合ってついに
おまえのことが好きだよ、黒瀬。
それに対してびっくりしているつばさ
返事をもらおうとして、方に手を置こうとしたら後ろにさけられてしまった
むぅーと言いながら屋上から逃げたしてしまった一瞬戸惑ってしまったが、追いかけて、なんとかOKもらえた・・・
やっと告白キター
長かったっ

・付き合い始めた翌日?にシェア部、歩鳥、明莉にお祝いしてもらった。
ついでに?シェア部が正式部ととの報告に、全員大喜び。
条件として?部活として少しだけでも、
成果あげないとダメらしい。
まぁ活動内容がぶれているから仕方ないのかも、そう言えば部費は、どうなったんだろ?正式部活になったから貰えるとは思うけど。

・部活成果を上げるために、人気だった劇をやる事になった
前回つばさの提案だったから、今回もつばさにやってもらった方がいいんじゃないと。
つばさはあんまり乗る気じゃなかったけど、
章に、世界征服部の評価も上がるし、実力がないと出来ないし、演劇を通じて魔王ね威光を伝えることも可能かもしれないと聞いたつばさはやってみると…
ちょろすぎて、誰かに騙されないかな?

・つばさにデートに誘われた。
シェア部の公式が決まった後、シェア部の女子たちで話し合って、付き合っているのにデートしていないのはおかしいと…
確かにそう思うけど、付き合ってから直ぐにデートは早くない?

・デート当日かなり緊張しているつばさ。
緊張しているつばさの為?どこかでお昼食べようとしたら、つばさが弁当作ってきてた
つばさの弁当か〜羨ましい僕も食べてみたいっ。

・公園に向かっている途中
魔王様といろんな人から声かけられていた。
つばさ、商店街でめちゃくちゃ有名人じゃない。

・つばさが恥ずかしがって
章が考えてきたデートプラン全部ダメだった。
どうしようか考えてたら
たくさん荷物もっていたおばあちゃんにあった
つばさがごめんなさいおばあちゃん助けないとといっておばあちゃんの所に行ってしまった
デートに集中してほしけど、つばさのいい所だから仕方ないよね

・つばさの家に行く事になった章。
道中は、めちゃくちゃドキドキしていたけど
弟に毒付かれて、正常に戻った
弟には感謝だけど、なんか腹立つ

・お父さんが家に帰ってきた。
緊張?している章だったが、
ヌウァーハッハッ!
大魔王、我が城へと帰還
と、
お父さんと目があってアレ?と
つばさが恋人ですっと大爆弾投下してしまった。
お互いに紹介して、お父さんがつばさともう、
ヤったのかと?核弾頭クラスの大爆弾落としてきた
つばさの家族は良い意味でネジがぶっ飛んでる。
それにしても、友好的でよかった。

・台本を書くために、章の家に行く事なった
つばさは、Hする気満々だったんだけど
章が台本だけやるって言ってから残念がってた。
家の通り道でもある、商店街を通ったら
家でご飯作りたいから材料買ってくるって言って、ダッシュで買いに行った。
どんだけ台本を、後にしたいんだ。。。

・とうとう遅れていることが部員にバレてしまった
つばさが守ってくれたが
みこが、
つばさちゃんはいいの。女の子が付き合いたての彼氏に甘えるのは、仕方がないもん。と
顧問の栞先生が部活動として認定したからお祝いに合宿してみないかと・・・
合宿でみんなで仕上げることに・・・・
最初からみんなで書いていれば良かったような気がする・・・

・次の休みの日合宿が決行された
到着した早々詩菜がはしゃいで浜辺を走って行った
前回乗り物酔いがひどかった瞳も乗り物酔い止め飲んでなんとか
みこが正式の合宿と認められて良かったですねじゃないとまた先生の実費で・・・といったら
あの出費で大分苦しかったとのこと
まあなんとか合宿できて良かった・・・

・劇の台本を印刷して部室に運ぼうとしたら奥から声がした
聞いてみると、つばさたちの噂をしていた。
あの子イタイよね?ついでに彼氏も・・
それを聞いたつばさは怒ってしまい訂正を求めた
部室に連れ込んでなんとかしたが・・・
次の日から翼の様子おかしくなってしまった・・・
流石にいわれてしまったらショック受けてしまうよね

・部活休んで商店街に来ていた
最近つばさが過激になりすぎてちょっと距離を置きたくなってきた
うれしいけど、何かが違うと感じてた
つばさのこと、考えているときに突然声かけられた
何かと振り返ってみたら
スーパーの店長さんが立っていた。
最近自分のこと魔王とかいわなくなってしまって
つばさのこと心配して商店街中失敗続きだった・・・
こんなに、影響広いんだね・・・

・つばさの救世主魔王が目覚めたのって
小さいころに翔(弟)がいじめられているのを見てしまったから
お父さんとやっていた魔王ごっこのおかげて勇気がでてその場に乗り込んで、
いじめっ子たちを懲らしめてしまった・・・
つばさすごいじゃん・・・

・つばさが劇をやめる(内容を変える)といいだした
詩菜たちは動揺してしまう。
なら、つばさが魔王役を降りるといいだした
これで章と翼の喧嘩が始まってしまった・・・
泣いてしまってとうとう部室から出て行ってしまった・・・
急いで追いかけたが間に合わなくて、商店街の所まで来た
商店街の方々に助けられてなもらったが逃げられてしまった
ならばと思って家に行ったがいなかった
本当にどこ行ってしまったのかな?

・つばさの家に行ったときに弟にあった
弟がつばさを嫌う理由を話してくれた
つばさ変人って言われてている同調してつばさをコキ下ろさないと
俺がどんな噂を流されるかわからない
それでお姉ちゃんを嫌うことにした。
しょうがないといえばしょうが無いけど悲しすぎる・・・

・やっとつばさみつけた・・・
そこは、告白した屋上だった
いろいろ話し合ってやっと魔王を復活することにした
よかったよかった。。。のか?

下の画像からメーカーサイトに飛びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました