小鳥遊 詠感想

キャラ紹介(公式ページから引用)

誕生日:12月24日
血液型:A型
身長:162cm
スリーサイズ:B83(Cカップ)/W56/H80

今は亡き母親が伝説的な歌姫で、
その血と声を受け継いで芸能界デビューを果たしている少女。

周囲が自分を母の代わりに仕立て上げようとしている状況もあって、
無口無表情で壁を作って人をなかなか寄せ付けない。

自立しているが、誰にも頼らずに何もかも背負いこむので危ういところがある。

歌うことが好きで、幼少期からその才能には目をつけられていたが、
あくまでも表面的な巧さに過ぎず、その歌声は心を欠くとも評される。

病弱の妹と弟がおり、療養施設に入所しているが、
ふたりの存在が大切な心の支え。
「余計なお世話です。これは私の問題です。関わらないで下さい」

CG数:11種類
H回数:4回

 

~ルート攻略~
会えるもんなら会ってる

和心が寂しがるから

微妙なところ

学生の進路が気になる

無理しなくていいのに

偶然だ

現状維持で

より美しくなれ

見なかったことにする

持ってない

和心はどうしたい?

俺のおかげだ

そのためにも売れないとな
~ルート評価~(★5つが満点)
★★★★★

~告白場所~

学園

~告白の台詞~

おまえを手放したくないんだもう。

~デート場所~

映画

喫茶店

公園

アイス屋

 

~感想~

・部屋で休んでいたら、詠がやってきて
付き合っている人は居ないんですか??
いろいろ話して、やはりあなたにお願いするのが妥当だと思えて来ました・・・
私の彼氏になってください。仮でかまいませんと・・・
いきなり彼氏になってくださいとはびっくり

・詠をを探しているときにふと自分の部屋が開いていることに気づいた
そっと覗いてみたら詠がオ○ニーしていた・・・・
告白までもうチョイかな???

・朱莉、和心で練習することになったが、
健太郎と目が合ってしまうと詠がしくじってしまう・・・
健太郎も抜けた方がいいのかなって思い始めていた・・・
抜けたら抜けたで問題になりそうな気がするの僕だけ??

・部屋に来て
困りましたと言ってきた
健太郎がどうしたのって聞いたら
気づいたらあなたのことばかり見ているのですと。
こんなの私じゃないと・・・
それって恋人として”好き”じゃないの?

おじいちゃんに2人で会うなと言われてしまった詠と健太郎
学園で話し合って、おじいちゃんに聞いてみようという話に・・・
帰り道でおまえを手放したくないんだもう。
いきなりの告白ではなかったけどびっくり・・・

詠の本当のお父さんがわかってよかった

下の画像からメーカーサイトに飛びます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました